先月 RELコインが上場した CoinsBit(コインズビット)が、ついに暗号資産(仮想通貨)世界取引所ランキング Top10(現在9位)、そして24時間の取引高が200億円を超えましたね!👏 先日 RELEASEユーザーでRELファンの kaidouさん や kitagawaさんも投稿してくれていましたが、現在 暗号資産比較ランキングサイト「Coin Gecko(コインゲッコー)」でTop10にランクされるためには、多くの条件をクリアしなければならないので、本当に難しいと聞いていましたので自分のことのように嬉しい限りです👏 

また、CoinsBit(コインズビット)では、今現在 世界で発行されている 5911銘柄の中から、100銘柄を取り扱っていますが、私たちRELEASEプロジェクトが発行した「RELトークン」を上場させてもらうために、過去にRELが上場した取引所での実績や普及活動、そして、上場審査を通過するためのホワイトペーパー(事業計画書)や ロードマップ(開発スケジュール)などを提出、その条件が本当に厳しくて、日本語で書いたものを単に英文に翻訳してもらうだけではなく、プロジェクトに込めた想いなどを具体的に、かつ 短くまとめることや、会社の謄本や定款、設立証明書などを英文に翻訳して提出したり、リモート面談では通訳なしで会話したり(私はGoogle翻訳機能を使わせていただきました)、本当に悪戦苦闘の上場でした。

8月8日の末広がり日に絶対に上場させてもらいたかったので、一生懸命に準備し、何とか念願が叶いました。現在はCoinsBit(取引所)のマーケティングチームに色々なことを学ばせていただきながら、RELEASEコマース(フリマサイト)のサービス開始に合わせて、上場したことを世界中の暗号通貨メディアで大々的に発表する予定で準備を進めています。

現在 世界に386所ある暗号資産取引所のなかで Top10 位以内にランクされている取引所にRELコインが上場させていただけているのは、私にとって成績表のようなものです。

今月は、成果(結果)の月と決めてプロジェクトを進めて来ましたので、RELEASEソーシャルメディア と RELEASEコマース をドッキングさせ、先ずは日本限定でサービス開始、そして、8月8日に上場した CoinsBit 、9月4日に上場した AzBit 、これらを全部簡潔にまとめた RELEASEプロジェクト を大々的に世界に発表したいと思います。

暗号資産(仮想通貨)業界に参入して、独自通貨(REL)を発行したのが「2018年6月26日」、はじめは仮想通貨がどのような機能を持っているのか?またブロックチェーンはどんな仕組みなのか?・・・ すべてがまったく未知の世界でしたが、約2年2か月の間に、海外の専門家たちに本当に多くを学ばせていただくことができ、やっとここまで辿り着くことができました。

これからの半月、私が学んできたすべてを「成果発表会」と題し、本気で世界進出の第一歩を踏み出したいと思います。We Can Do It(私たちは やれば できる)👍  

※コインゲッコー(取引所ランキング) https://www.coingecko.com/en/exchanges
公開中 1 to 1 of 1 写真.
100% 10 0
 222観覧   11 日 前
コメントするには ログイン するか 登録 をしてください。