「ニューヨーク経済危機」 9月までに50万人以上が失業の可能性?!

日本との時差13時間、ただいまニューヨークは午後5時30分です。


新型コロナウイルスの景況で世界経済が危機的状況にあるなか、久し振りにニューヨークのパートナーに連絡して、お互いの情報交換(約4時間)しましたが、ニュースなどで報道されている以上に深刻な状況にあるようです。


アメリカ全土では、リーマンショック後でさえ最大60万件程度だった失業者が、この1週間だけで660万件の失業保険の申請が行われているそうです。すでに街の至るところで失業者が溢れていると・・・😖


しかし、その大変な状況のニューヨークのパートナーが、自国も大変だけど、日本経済はもっと大変になるでしょうとシナリオを話していましたが、話を聞いてて恐ろしくなるほどでした。


海外の専門家たちによると、日本の失業者は600万人を超えると予測されているそうです。


確かに私も以前から何度かブログに書かせていただきましたが、日本は緊急対策措置(給付や企業融資)が2か月ぐらい出遅れていますので、これから本格的に襲いかかって来ようとしている過去最大級の大津波「コロナ猛威」について、もっと素早い対策と、2~3か月後の日本経済の予測についても、もっと国民にその事実を開示するべきだと思います。


何度も言わせていただきますが、まずは、自他の命を守る行動に徹しましょう。










100% 8 0
243観覧   1 月 前
Tatsuo Kanai | 92 購読者
243観覧   1 月 前
コメントするには ログイン するか 登録 をしてください。