近況報告(重大発表)

2020年1月16日に日本国内初の新型コロナウイルス感染者が確認され、瞬く間に日本全国に猛威を振るい、2月中旬から下旬にかけて3月以降のイベントやセミナーなどの中止や延期が相次ぎました。実際に私たちも3月初旬から全国7か所で20人~70人規模のRELEASEプロジェクト事業説明会を開催予定でしたが、すべて中止を余儀なくされることとなりました。



プロジェクト事業説明会においては、昨年の11月より協力者の方々にご尽力いただき、3か月の期間を要し万全を期しておりましたが、これは本当に大打撃でした。また、その他にも大手IT企業との打ち合わせの延期、海外の大手広告代理店との打ち合わせ延期、各個別商談の中止など、今期(昨年4月)より準備周到に行い、3月の決算月に集中させておりました計画が9割以上、延期や中止となり、新型コロナウイルス感染症の影響は想定を遥かに上回るほどの大打撃で、本当に打ちのめされました。



その一方で、私たちスマイルグループの仕事はIT関連なので、インターネットの接続環境がある場所(国)であればどこでも営業ができる、この現実だけを頼りに、開発チームたちは昼夜問わずシステム開発に着手し、4月12日に新たなソーシャルメディア(SNS)を構築し、サービスを開始することができました。



本来は「食のフリーマーケット」も同時にサービスを開始できればよかったのですが、これについては大手IT企業の絶対的な協力を必要としますので、今回は延期により断念せざるを得ませんでした。



そして、世界的に自粛やロックダウンが続くなか、自宅に引きこもってインターネットを利用する方々をターゲットに、先ずは、南アジアや東南アジア(発展途上国)を中心に、RELEASE新規ユーザーの獲得、ヘビーユーザの育成、また、マーケティングチームは多くの人々にRELEASEソーシャルメディアの存在を知っていただくたの広告配信などに取り組んでおりました。



開発チームの努力によってAWS(アマゾン ウェブ サービス)内にサーバーを構築することができ、SNS・動画サイト・ブログサイトをドッキングさせ、AI(人工知能)写真自動認識機能を搭載した「新しいソーシャルメディア」の基礎サイトが完成、そして、マーケティングチームの努力によって欧米からの訪問者(アクセス数)が、日々右肩上がりに増加しております。そして、RELEASEユーザーは投稿ポイントを獲得し、そのポイントは「Release Coin(REL)」で海外へ送金される仕組みづくりも完成しました。



新型コロナウイルス感染症に後押しされるように、システム開発・ユーザー数・投稿数が日々成長し、大ピンチを大チャンスにすることができつつあります。



そこで、今回は重要なご報告があります。



私たちのマーケティングチームは、自粛やロックダウン、その間に、欧米を中心に、悪戦苦闘しながらも、暗号通貨を専門で取引する「投資家やトレーダー」を保有する多数の企業との交渉を繰り返し、時間と動力を使い、現在のRELEASEソーシャルメディアの賑わいを見ていただき、数か月の時間をかけて、信用と信頼を築き上げ、ついに海外の某大手企業のバックアップの機会を得ることに成功しました。本来であればまだ公表するべきではないと思いますが、会社名を公表するわけでもなし、資本提携するわけでもなく、両者の利害が一致「Win-Win」の関係で、6月23日 午前5時過ぎに 99.9%以上の内容で契約の締結が正式に決まっていますので、ここで発表させていただきます。



現在、私たちの会社で発行した独自通貨「Release Coin(REL)」は、スイスの暗号通貨取引所 p2pb2b と イギリスの暗号通貨取引所 HotBit の二か所に上場しています。そして現在はRELEASEユーザーのポイント交換所として利用されており、コインの売買が盛んに行われているわけではありません。(一部の投資家やトレーダーを除く)



そこで、2020年7月1日(資金関係も含むので)予定で、先ずは数百人による実際の投資家やトレーダーによる取引が開始されます。次に8月より更に投資家やトレーダーを増加させ、価格を徐々に上げる計画を遂行します。(これらの戦略の詳細については私にも知らされていません)なぜなら、戦略や戦術が漏洩することでマイナスはあってもプラスにはならないという判断からです。これもすべてサイトが盛り上がっているので可能だと言われています。正直なところ私自身もかなり期待しています。



したがって、私も何か月でいくらまでRELコインの価格が上昇するのか知らされていません。しかし、先方の会社の責任者からは、役割をしっかり分担して、少しでも早い時期に、RELEASEソーシャルメディアの登録者数と投稿者数を2倍以上にするように指示されています。私が情報開示できることはここまでがギリギリのところですが、スマイルグループ&リリースプロジェクト、そして、私たちのプロジェクトに関わって下さっている方々にとっても、近い将来 大きく期待できるのではないかと、私は確信しています。



以上の内容により、私たちスマイルグループ&リリースプロジェクトチームも、さらに尽力して参りますが、私たちのプロジェクトに関わって下さってる方々におかれましても、最低1日1件の投稿でも構いませんので、「みんなで作るニュースサイト RELEASE」を盛り上げて下さることを願っております。



何卒、宜しくお願い申し上げます。最後までお読みいただき、ありがとうございました。



株式会社スマイルホールディングス

Release Co,. Ltd. 璃里素株式会社

代表取締役 金井龍男


100% 9 0
728観覧   3 月 前
Tatsuo Kanai | 143 購読者
728観覧   3 月 前
コメントするには ログイン するか 登録 をしてください。
お疲れ様です。先ほど松尾室長さんからお勧めメールが届きました。コロナで大打撃の最中にこれだけのことが出来てたとは、正直びっくりです。これからも取り残されないようにしっかりついて行かせていただきます😅
5
公の場で近況報告を開示とは、
また思い切ったことをしましたね!
昔と何も変わらないところが良いです!
微力ですが応援させていただきます!
6