大相撲初場所 力士5人の新型コロナウイルス感染が判明



大相撲初場所の初日前日にもかかわらず、新たに5人の力士の新型コロナウイルス感染が判明するなど、「感染者及び濃厚接触者」として4部屋の力士計65人の休場が決まった。急きょ決まった全協会員を対象にしたPCR検査の結果を待つため、取組編成会議も1日遅れの9日にずれ込み、発表された初日の開始時間は午前9時50分。休場者の急増で全体の番数は減り、取組開始は普段より1時間以上も遅くなった。コロナ禍の直撃を受ける角界は、異例の事態を迎えている。毎日新聞ニュース


初場所で力士65人の休場はめちゃめちゃ残念ですが、感染された力士の早い快復を祈ります🙏



100% 3 0
145観覧   17 日 前
momose | 20 購読者
145観覧   17 日 前
コメントするには ログイン するか 登録 をしてください。